スキップしてメイン コンテンツに移動

暇な人たちの対話 シジミの勉強会(前半)



人。A作家 B探偵
時。二〇一六年三月二十九日午後
処。千里山 三半亭

(作家、炬燵による。空薄曇り、春寒の香を放てり。探偵、入りて来る)

B いやどうもまだ冷えますなア。すんませんねエ、急におじゃましちまッて。

A いいよどうせぼく暇だから。

B またご謙遜を。

A 謙遜するほどの身分ぢゃないね。アア…

B あれエどうされました。

A いやおもたいんだ。

B おもたい?お召しの袢纏が?

A 目だ。おもたいんだよ。

B 目が?文字ばかり見てるんですからムリもないでさア、はア、おつらいんでしょうなア。

A いやこれは、貧血と神経症のコラボレイションだよ、きみ。

B はア。

A それでなにかね。

B はア?

A キョーはなんだね。

B あ、キョーですか。えエ…キョーはア…と

A はやく済ませてくれたまえよ、こう見えてぼくも忙しいんだから。

B さっき暇だって…

A なにかね。

B いえなにも。いやあのですねエ、ちょっと気になることがありましてねエ。
こんなこと聞いていいのかなとおもうんですがねエ。そのオ、なんでアンタは、シジミっていうんです?

A それはね、諸説あるよ。

B またア、そうやって煙に巻こうっていうんでしょオ、やだなア。

A 老子の線を当たってみるといいよ。

B ずいぶん他人事だね。

A いやひとついっしょに当たろうぢゃないか。

B エ。アンタ、シジミってじぶんでつけたんでしょ?

A 左様。

B それもだいぶ時間かけてさ。

A うん、かけたかけた。まずだね…

B ア、ちょい待ちヨ、メモりますんでサ…ローシね…老子…と。で、老子がなんですって。

A 水だよ。

B み、ず…と。はいメモりましたと。

A ぼくも不勉強なんだからそのつもりで聞いておくれよ。老子という本にはこう書かれている。
天下に水より柔弱なるは莫(な)し。ーー任信第七十八
ぼくはねエ、きみ、柔弱を愛するのだ。そりゃきみねエ、ぼくは頑固で人たらしな生臭くて気の短いニンゲンだよ、
そりゃもうなさけないくらいだ。でも心のほんとうのところでは、柔弱を愛してます。それは、はっきりといえる。
こういう話をしてると自然と涙が出てきてしまう。真剣。アア…柔弱。柔弱というのはつまり、きみ、ソノ、ひとつ
のフラギリテートfrafititaetだよ。フラギリテートというのは、なにかね。幽霊だ。存在の薄はかなさだ。
綺麗なんだ。あるようでない。ないようである。朝霧のような。あるとないとのあいだにあらわれたり消えたりする
ありようだよ。ブランショいうところの、不在の現前、消え去ったがあらわれる、というあれだね。きみ、聞いてるかね。

B ぼちぼち。

A まアいいよ、ぼちぼちで。なにせぼくは不勉強なんだから。つづけよう…老子にはさらにこう書かれてある。
水は善(よ)く万物を利して而(しか)も争わず。衆人の悪(にく)む所に処る。故に道に畿(ちか)し。ーー易性第八
ううん…そう。水はどんな物質とも親和性が高いんでしてね、あらゆる生命にめぐみをもたらしてくれている。
ぼくの命もきみの命も、ほとんど水でできているのだね…。そうして、水はなにとも争わない。なににも逆らわない。
みんなが行かないようなところに身を置いてしずかにしている。水たまりを見てみるといい。そこでなにかがはじまる
わけでもない。じつに閑。わかるかね。閑。しずかなのだ。つたわるかね、この感じ。

B いえ。ちんぷんかんぷんなもんでして、すんません。

A まアいいよ、ちんぷんかんぷんで。

B 話をもとにもどしますとですね、その老子ってのがシジミっぽいってことなんですかねエ。

A 老子ってのがシジミっぽいっというのは不遜だよ。ぼくはただ、蜆不水という名に、老子の水を重ね合わせたまで
であります。「水」という字を借りたのも、ぼくが水が好きだから。水のようでありたいとおもうから。水への郷愁を
おぼえるから。

B はアそうでしたかア…シジミ…水っぽい…と。

A 水っぽいというのは少しちがうんだな、きみ。ぼくはたしかに湿っぽいニンゲンではあるけどだね。
そこはタオイズムといってもらいたい。

B ヤアこれは失敬。でもね、不水ってもう「水」が入ってるでしょうに、どうしてまたシジミなんで?

A うん、そうさねエ。老子のことばに、玄のまた玄、衆妙の門なり。というのがある。白川静『字統』には、この
「玄」という字は、もともとは「黒く染めた糸」のことで、そこから「その複雑な色相よりして幽深の意となり、
幽遠・幽玄の意となり」とある。染め上げた黒。きみは、陰陽太極図というのを見たことがあるとおもうんだが、
あの黒と白の勾玉が抱き合って円をつくっている図です。あれはタオイズムをあらわしている。シジミはじつはあれの
アナロジーなんですよ。

B アナロジー…はア…いまひとつ。

A きみ、蜆汁を啜ったことはないかね。

B ま、あるでしょうナ。

A うむ。シジミってのはどんな風貌をしているかね。つまりデザインのことだがね。

B こう…なにか黒っぽかったような。

A 左様。シジミは黒い色をしている。シジミといってもヤマトシジミだよ。マシジミやセタシジミの色は、黒では
ない。さて、黒といってもただの黒ではない。じつに光沢のある黒だ。まるでそれは黒耀石の黒だ。表面には輪脈と
呼ばれる条が入っている。そうして、その薄いもろそうな殻。よく見ると、お尻のところ、つまり蓋のツガイ(靭帯)
に近い部分に白い斑が入っているのがわかるはずだよ。黒いボディーにざらりとした白の斑。これがシジミのデザイン
だ。ぼくはこのデザインが好きなんだ。なんとも渋くて妙だ。簡素なデザインでありながら、じつに繊細で孤独で…
ダンディーだ。ぼくはその意匠のうえに、タオイズムを重ね合わせてみるわけです。

B ヤマト…シジミ…ダンディー…と。深いなア。

A いやなに、まだまだ浅い。深いといえば、シジミはあまり深いところでは暮らせんのだ。おまけに、汽水域でしか
棲息できない。そういう稀少性もぼくを大いに惹きつける。汽水域というのは海水と淡水の混じり合った水域のことだが、
この混じり具合のバランスが崩れると、シジミは死んでしまう。じつにナイーヴな生態なのである。やはり繊細なのである、
シジミというのは。そして、しずかだ。砂泥のなかでじっと黙って待っている。なにを待つというわけでもなく、ただ
なにかを待っている。そういうところも、ぼくはたいへん気に入っているのです。最近は少しずつシジミの生態について
勉強をはじめている。これは蛇足だがね。

B 楽じゃないんですナ、シジミたちも。

A 左様。そうそう。勉強ついでに教えてあげよう。きみ、シジミの砂抜きの仕方は知ってるかね。

B はア、どうでしょうカ。

A まアいい。砂抜きというのは、あれは塩水に浸けてやるんだがね。だいたい水1リットルに対して塩10グラムの塩水。
これで海水に近い塩分濃度になる。これはみなさんおやりになってるとおもうのだが、もうひとつコツがある。それは、
止水をしてやることだ。これにはザルを用いる。シジミをザルのうえにのせて、あたまが塩水から少し出るくらいに
浸けてやるとよい。さすれば、シジミは酸素にありつけ、酸欠の心配もなし。おまけにシジミが排出した老廃物が下に落ち、
ふたたびそれをシジミが吸い上げることもない。したがって、シジミはきれいに洗浄されわれわれはそれを美味しくいただ
ける、とまアこういうわけだ。

B へエ。

A さて、キョーのところはこのへんでおひらき。ひとつ用事をおもいだした。ではまた。ぼくも勉強をします。きみも
いっしょに勉強しよう。

B ではまた。


つづく


*ことわり*
対話の形式は、日夏耿之介『風雪の中の対話』よりお借りいたしました。

--★老子の勉強欄

【易性第八】
上善若水。水善利萬物而不爭、處衆人之所惡。故幾於道。
居善地、心善淵、與善仁、言善信、正善治、事善能、動善時。夫唯不爭、故無尤。

上善は水の若(ごと)し。水は善(よ)く万物を利して争わず、衆人の悪(にく)む所に処(お)る、故に道に幾(ちか)し。
居は地を善しとし、心は淵を善しとし、与(まじわ)るは仁を善しとし、言は信を善とし、正は治を善しとし、
事は能を善とし、動は時を善しとす。
夫(そ)れ唯だ争わず、故に尤(とが)無し。

最上の善なるあり方は水のようなものだ。水は、あらゆる物に恵みを与えながら、争うことがなく、
誰もがみな厭だと思う低いところに落ち着く。だから道に近いのだ。
身の置きどころは低いところがよく、言葉は信(まこと)であるのがよく、政治はよく治まるのがよく、
ものごとは成りゆきに任せるのがよく、行動は時宜にかなっているのがよい。
そもそも争わないから、だから尤(とが)められることもない。

*

【任信第七十八】
天下莫柔弱於水。而攻堅強者莫之能勝。其無以易之。
弱之勝強、柔之勝剛、天下莫不知、莫能行。
是以聖人云、受國之垢、是謂社稷主、受國不祥、是謂天下王。正言若反。

天下に水より柔弱なる莫し。而(しか)も堅強を攻むる者、之に能く勝る莫は、其の以て之を易(か)うる無きを以てなり。
弱の勝に強ち、柔の剛に勝つは、天下、知らざる莫くして、能く行なう莫し。
是(ここ)を以て聖人云く、「国の垢を受く、是れを社稷の主と謂う。国の不祥(ふしょく)を受く、是れを天下の王と謂う」と。
正言は反するが若し。

この世の中には水よりも柔らかでしなやかなものはない。しかし堅くて強いものを攻めるには水に勝るものはない。
水本来の性質を変えるものなどないからである。
弱いものが強いものに勝ち、柔らかいものが剛いものに勝つ。そのことは世の中のだれもが知っているが、行えなるものはいない。
そういうわけで聖人は、「国中の汚職を自分の身にひきうける、それを国家の君主という。国中の災厄を自分の身にひきうける、
それを天下の王者という」と言う。正しい言葉は、常識に反しているようだ。

*

【體道第一】
道可道、非常道。名可名、非常名。
無名、天地之始。有名、萬物之母。
故常無欲以觀其妙*、常有欲以觀其徼。此兩者同出而異名、同謂之玄*。玄之又玄、衆妙之門。

道の道とす可(べ)きは、常の道に非ず。名の名とす可く、常の名に非ず。
名無きは天地の始め、名有るは万物の母。
故に、常に欲無くして以て其の妙を観、常に欲有りて以て其の徼を観る。
此の両者は同じきより出でて而も名を異にす。同じきを之を玄と謂う。玄の又た玄、衆妙の門。

これで道ですと示せるような道は、恒常の道ではない。これが名ですと示せるような名は、恒常の名ではない。
天地が生成され始めるときには、まだ名が無く、万物があらわれてきて名が定立された。
そこで、いつでも欲がない立場に立てば道の微妙で奥深いありさまが見てとれ、いつでも欲がある立場に立てば
万物が活動するさまざまな結果が見えるだけ。
この二つのものーー微妙で奥深いありさまと、万物が活動しているありさまは、
道という同じ根元から出てくるものであるが、(微妙で奥深いとか活動しているとかいうように)違った言い方をされる。
同じ根元から出てくるので、ほの暗く奥深いものと言われるが、(そのように言うと道の活動も万物の活動も同じになるから、)
ほの暗く奥深いうえにも奥深いものが措定されていき、
そのような奥深いうえにも奥深いものから、あらゆる微妙なものが生まれてくる。

*注1
「妙」は 諸本は底本と同じであるが、帛書甲本は「眇(みょう)」、乙本は欠字である。
「眇」は、よく見えないので眼を細めてみること。
「妙」は微妙で奥深いありさまを表わし、王弼注には「妙とは微の極みである」とある。
「妙」も「眇」も、あまりにも奥深くて見ようとしてもよく見えないことで、いいかえれば「道」のすがたを示している。

*注2
「玄」は、神秘的で奥深く、ほの暗い(冥(くら)くてひっそりしている…楼火烈『校釈』に拠る)という意味であり、
「道」の形容として述べられる。

---以上、『老子』蜂屋邦夫訳注 岩波文庫 より引用




コメント

このブログの人気の投稿

続 工場日記

その一 「痛み」

僧帽筋、脊柱起立筋、左三角筋、左手尺骨三角骨靭帯、胸鎖乳突筋…
これまでに労働をつうじて特に試練をしいられてきた主な部位たち。
なかでも胸鎖乳突筋の痛みには完全に参った。
ある夏の晩、寝ちがえる。首に経験したことのない激痛が走る。
数日前から頸部を中心に体の痛みをおぼえていたのであったが、
そこに、Liquorの過剰投与とその後のまずい体勢での寝入りが引き金となり、
トドメを刺されたかたちである。
首を回せない。寸分動かそうものなら、稲妻が走る。
そうなれば蚊の鳴くような声で泣くしかない。咀嚼もままならない。
患部を揉み揉み、なんとか読書ができるくらいまで回復したその日の晩、ふたたび激痛。
いよいよ万事休すと近くに整体院がないかを調べることに。
調べていくあいだに、寝違えのことがわかってくる。
どうも、寝違えというのは、
腋内側に走っている「腋窩(えきか)神経」が圧迫されて起こるようである。
寝違えて頸部に痛みを感じた多くの人は、首を揉んだり横に曲げて伸ばしたりするが、
これは一番行ってはいけないことなのだそうだ。
理由は、頸部の筋肉はいままさに炎症を起こし圧迫されている状態なのであって、
そこを揉めば圧迫に拍車をかけ、さらなる炎症を引き起こし痛みを悪化させるため、と。
やってはいけないことをやれば、治るものも治らない。
何かいい手はないものだろうかとおもいながらさらに調べていくと、対処法なるものを見つける。
腋窩神経を圧迫から解放してあげる有効な体操。

体操1
1. 背筋をのばし脱力。
2. 痛む側の腕を後方へ引き、少しずつ上げる。
(手首はだらりと垂らす)
2. 上がりきったところで、20秒キープ。腕をゆっくり戻す。(2セット)

体操2
1. 痛む側の手を腰に当てる。
2. 肘を後方へ引く。
3. 引ききったところで、20秒キープ。腕をゆっくり戻す。(2セット)

体操3
1. 痛む側の腕を手のひらを上にして肩の位置まで上げる。
2. 120度の角度で肘を曲げ、そのまま水平に後方へ引く。
(体はひねらず腕だけを後ろへ)
3. 引ききったところで、20秒ほどキープ。腕をゆっくり戻す。(2セット)

実際にやってみると、どうしようもなかった首の痛みが引いた。
ただ、いつあの痛みが再発するとも知れないので、しばらくは用心の日々を送ることに。

映像日記

2月14日 水
非番。復調。寒し。
週末ゴダール。インタビューや批評つまみ読み。ドゥボール。situs状況主義。インタビューは何より興味深い。
アンヌ・マリー=ミエヴィルとの共作『Comment ça va?』
ポルトガルで起きたカーネーション革命を下敷きに、「視線」についての考察が中心を流れている。
タイプライターの手を動きと文章を読む目の動きの類比。
視線を司るものは?「文章」。
画面に映し出されるタイポ文字のカーソルの動き。
文章はそれを読む(見る)視線の前で意志を持って動き、視線を監視している。
視線が文章を追うのではなく、文章が視線を追う。
映像を撮ることも映像を観ることも可能
だが、
そこにあるべき「視線」そのものを描くことは(可能かどうかというより)許されているのか?

「最後に、《俳優と観客の間にある映画》というタイポ文字のタイトルが、
 冒頭の《能動と受動の間にある映画》に打ち消された後消去され、
 カーソルだけが空しく動き続けて映画は終わる」(E/M Books 2)

文字を打つ作業と打たれた文字がそこに表象として写し出される現象とのあいだにあるものについて。
「文字を打つという作業」が、打つ人とは別の主体性で、何か別の作業を行っているという仮説に立って。
思考というものがどこから来て、その思考がどのように表象化するのか、
どのようにそれが可能なのかということについての考察へ。
司るものがあるとして。
それは打つ人の内部に?写し出される文字の側に?あるいは作業をする手に?
文字の(カーソルの)動きのほうに?
いずれもそうであってそうでない。
なぜならば、いずれかが司っているということはないから。それらは一貫して司られているといえないか。
物としての文字も文字の動きも作業する手も手を動かす意識や神経伝達の部門も、一貫して。
では何によって司られる?
その「何によって(あるいは、どうやって)」を探究する考察の上に哲学があり、
その探究の影響の上に心理学があり、その探究の質的転移(表象化)の上に芸術がある。
作業や現象が、それが可能になっていく(展開していく)過程で一貫して何かに司られているとするならば、
はじめに「受動ありき」ということがいえるのである。
能動は受動に後押しされていると(呼吸についておもいをめぐらしてみる。呼吸はまず「吐く」ありき。

みな、地球。

年始に買った築地書館の『土と内臓』(ほんとうにほんとうに面白い本)のおかげで、
幸運なことに、私のなかに微生物への愛が芽生えた。
もともと微生物に愛着はあったけれど、いよいよ全身全霊で愛していこうとおもう次第。

今回の蜆TuRe(第七號)は、海と転生というテーマでひとつ書いてみた。
ちなみに今回はタイトルが長い。
『急げブランキゆるやかに この途方もない軽さのうえへおもいをはせよ』
なんとなく、ヘンリミラーの『ビッグ・サーとヒエロニムス・ボッシュのオレンジ』みたいなアップテンポの語感がほしかった。
それはさておき、これを書いている最中、プランクトンに友情を抱き、
その友情に乗り入れるかたちで、深い微生物愛が芽生えたのだ。

なによりもまっさきに地球のことを考えたい。どうもこのごろは、そういう心情から離れられなくなりつつある。
都民ファースト都民ファーストと東の方からは聞こえてくるが、いやいや地球ファーストだろう。
この地球上のどこを切っても微生物が躍動している。土の中、海の中、空の中、さらには動物の体内までも。
微生物はいわば地球の原住民である。
はるか昔、地球の中核で煮えたぎるマグマにもっとも近い海底の墳気孔で古細菌が生まれた。
想像を絶する高温の湯に浸かりながら、酸素をいやがる嫌気性の古細菌は、
酸素をこのむ好気性の細菌との結婚のときをじっと待ち、来たるべき原生動物の誕生にそなえていた。
それから何十億年もたって、真核細胞は植物を生み、動物を生み、生命の一部は海から陸へと上がっていった。
地上では、堅い岩が気の遠くなる時間をかけて砕け、そこに動物微生物の死骸が積もり、やがて豊かな土になった。
そうやって積み重ねられた長い長い建設作業の末に、生命の原初的な土台が築かれたのである。
その歴史的事情をわきまえずに、のうのうと地球で暮らしていくのは、私はいやなのだ。
それは、なんておこがましい、なんてまずしいことか!
「私はおなかが空いた!私は飯を食いたい!」
そういって食欲を振りかざすこの私という存在は、まちがいなくこの地球で暮らしている。
そしてこの私の体のなかでは、生命の大先輩である微生物たちが暮らしているのである。
たとえば牛の体のなかはどうだろう。
牛は草を食べ、それを胃と口のあいだで何度も反芻する。
この反芻に、牛が生き延びていく上でとても重要な秘密が隠さ…