スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

7月, 2016の投稿を表示しています

真夏のシジミより

朝一の労働からの帰路、居住区の外壁の角っこに蝉の抜け殻を見つけた。
羽化という仕事を完遂するのに、場所など問うてる余裕はなかったのだろう。
しょせん、人間のつくったものなぞ、虫の一生にとっちゃ与り知らぬ夾雑物にすぎないのである。
細い足で踏ん張る薄いカルシウムの殻は、かちりと壁面におのれを引っ掛けて静止していた。
わたしはそいつを壊さないように慎重に壁から解いてやり、
やわらかく握った手のなかにしまい、拙宅まで連れて帰った。

蝉の抜け殻は、二つの抽象的意味を隠し持っている。
わたしが勝手に隠し持たせたのだが。
ひとつは、広島の原爆。
もうひとつは、善意である。

かつてわたしは、青々と葉を茂らせたアオギリの木の幹の中腹に、
まるで空へ向かって梯子をかけるようにして蝉の抜け殻が列をなして並んでいるのを見たことがあった。
8月だった。
このアオギリの木は、被爆してもなお繁茂しつづける木として原爆記念公園の片隅にしずかに生えている。
以前、Matsuoka Seigow氏の私塾でこういう句をつくったことがあった。

   原爆忌、脱皮している大過去が 

8月6日は過去ではない。
原爆ドームは遺構などではない。
それをなつかしむようなまなざしで見上げてはならない。
広島の原爆は、いまも広島に落ちつづけている。
8月6日は過去ではない。
わたしたちが知っているような過去ではない。
わたしたちの知らない「過去よりももっと奥のほうにある過去」が、そのことを知っている。
「過去よりももっと奥のほうにある過去」から、広島の現在が、わたしたちの現在めがけて脱皮をしつづけている。
原爆ドームのあの天蓋も脱皮しつづけている。
過去からの警告としての脱皮。サイン。永久に反復再生されるそれ。
広島には、いまもなお、あの原爆が落ちつづけている。
そして、その落下はわたしたちの忘却を前提にしているともいえるのである。

アオギリの木の前に立ち、偶然下から仰ぎ見て目撃したあの光景に、わたしは大いに驚き興奮した。
わたしは、そこに、広島の脱皮を見た。
そして、じぶんでつくった句の意味をありありとそこに見てとったのである。


後者は、わたしが昨年秋に群像に提出した169枚の中篇小説と関係する。
小説の冒頭では、広島で目撃した抜け殻が〝ある特殊な善意が迎える結末〟の比喩として扱われるかたちで、登場する。

   …