スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

10月, 2016の投稿を表示しています

「個人」という考え方 

世の中がいかなる成りゆきになろうとも、
ぼく個人は、
荷風散人にならい、
みずからその中に与していこうとはおもわない。

これが、ぼくの基本的態度である。

それでも、
何も知ろうとしないというのは恥であり、
何も知らなかったと、あとあと嘆くのは愚であるから、
知る努力をすすんで放棄することはしない。

世の中の成りゆきが、
ぼくを含めた数多くの個人の成りゆきに隣接している以上は、
このぼくにも、
個人として、
その成りゆきを知る必要がある。


おもうところあって、
あわてて一冊の本を読んだ。

『「日本国憲法」を読み直す』岩波現代文庫

憲法学者の樋口陽一と、劇作家で小説家の井上ひさしとの
日本国憲法をめぐる対談集である。
主に1993年から95年にかけての対談が収載されたものだが、
いま取り沙汰されている諸問題が、すでに20年前において問題視されており、
議論されていることにクラっとした。
ぼくじしんが問題そのものを知らなかったということに加えて、
この20年のあいだに、
それらの諸問題が、
世の中の成りゆきをますますわからない方向へ引き回していこうとしていることに
気づかされるためである。

この本を手に取った理由をかんたんに記す。
ぼくは、遅ればせながら、
先日はじめて、自民党の日本国憲法改定草案の中身に触れた。
それで、ぼくは、
国民によって選出された日本の代表者たちが、
およそ70年にわたって今日まで生き延びてきたこの憲法の
何をどう書き換えようとしているのかを知りたいとおもった。
いや、知らなければならないとおもった。
思想うんぬんを言う以前の、まず、言葉のレベルにおいて。
そのためには、
現行の日本国憲法に何が書かれてあるのかを知る必要がある。
何か適当な本はないかと探した。
ぼくは、
『自家製文章読本』を読んで以来、
井上ひさしという人に一目置くようになり、
日本語に対する真摯な態度とその本質的アプローチの取り方に、ただならぬエネルギーを感じていた。
彼の感性は信用に足るとおもった。
また、
彼が、加藤周一発足による「九条の会」に大江健三郎らとともに名をつらねていることを知っていたし、
「憲法が改正されるのを見て死にたくないですね」と生前語っていたことも知っていた。
それで、手はじめに上の一冊を求めたのである。
対談相手の樋口陽一については、正直ほとんど知ら…